しゃっちーの社畜日記

社畜だけど自由に生きたいからブログにまとめます。会社の愚痴は書かないよ。

Nintendo Switchの体験会に行ってきた(実機感想編)

f:id:schaccie:20170115163028j:plain

毎々お世話になっております。

2017/01/13(金)にNintendo Switchの発表があり、
それに伴い東京ビッグサイトにて、Nintendo Switchの体験会がありました。

前回の記事では、会場の様子をレポートいたしましたが、
今回は実際に実機を触ってみて、思ったことや感じたことを、
任天堂信者の主観100%で、まとめてみようと思います。

ちなみに前回の記事はこちら↓↓

と、その前に、こう見えて元格ゲー勢(鉄拳)なため、
スティック入力(←・→等)を、テンキー表記(4・6)で記します
その方がシンプルですし。

なのでもし「623ってなんやねん!」って方がいらしたら、
こちらのページをご参照ください。
ちなみに623は「→↓↘」で、昇竜拳が打てます

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 7

Ultra Street Fighter 2 をテーブルモードでプレイ

f:id:schaccie:20170115142848j:plain

まず最初に触ったのはUltra Street Fighter 2
あまり得意なゲームではないのですが、一番待ち時間が短かったのと、
Joy Conに触ってみたかったので、これにしました。

f:id:schaccie:20170115143120j:plain

本体をテーブルに置き、Joy Conを一つずつ使ってプレイする、
テーブルモード」というスタイルでプレイ。
知らないお兄さんと、対戦してきました。

まず気になったのは、画面の小ささ
こればかりは仕方ないのですが、二人でプレイするには小さいかな
ただ「お互いの体温を感じながら」というコメントが小泉さんからもあり、
そういう意図、ということにしている感はあります。

次に気になるのは、やはりJoy Con
どう考えても小さいと、プレイするまでは思っていましたが、
握ってみた感触は、スマホの横幅に近い印象
握り心地は悪くないですし、ゲーム出来ないかと言わればそんなことは無いです。

f:id:schaccie:20170115155834j:plain

ただそれより気になったのは、スティックとボタンの距離
他のモードで遊ぶときのことを優先すれば、仕方ないののですが、
「おすそ分け」して横持ちすると、正直近すぎるかな。

Street Fighterなので昇竜入力(623)をよく使いますが、
スティックに一番近いボタン(小P)の昇竜拳は、とにかく入れにくかったです。

あと1P側はスティックの位置が本当にJoy Conの端っこなので、
1を入れているかと思ったら2だったり、そういうトラブルがありました。

グラフィックに関しては、SF2のリメイクなのでなんともですが、
決して荒いとか、汚いとか、そういう印象はありませんでした
TVと繋いで大画面にしてもキレイなので、ここは特に問題じゃないかな。

ぷよぷよテトリスSをJoy Conのおすそ分けモードでプレイ

f:id:schaccie:20170115144121j:plain

さて、個人的な大本命。ぷよぷよテトリス2をプレイしました。
こちらもJoy Conの「おすそ分け」モードで、今度は4人対戦。
どうも他の3人は完全に素人だったので、完全に接待プレイでしたが、
これはちょっと問題ありだなと、正直思いました。

ゲーム自体は私もPS3で持っているので、まぁいいんですけど、
問題はJoy Con。この操作性とゲームの相性が極端に悪い

SFと違って複雑なコマンド入力は無いのですが、
スティックを弾く感じで8を入れるのが、まぁ難しい
テトリスで8はハードドロップ(ミノを一気に落とす)で必要ですが、
7や9を入れてしまうと、ミノが動いてしまうので、
スティックとの相性が悪かったです。
十字キーの廃止は、テトリスにとっては致命的かなと感じます。

またJoy Conにストラップを付けるアタッチメントがあり、
それを付けるとL/Rボタンをしっかり押し込まないと、反応しません
この感覚がちょっと慣れなかったです。

まぁこれはあくまで「ゲームとの相性」の問題。
ただSFもそうですが、激しくて早い操作を求められるゲームだと、
「おすそ分け」モードは、かなり厳しいんじゃないかと思います。

ドラゴンボール ゼノバース2を携帯モードでプレイ

f:id:schaccie:20170115145223j:plain

ここまでどちらもJoy Conの小さいコントローラーだったので、
ここで「携帯モード」でできるゲームをプレイしました。

Nintendo Switchは携帯機としても使えるというので、
最も気になるのは、やはり重量
昔のiPadみたく、便利だけど激重とかだと、持ち運びたくすらなくなります。

ところがどっこい、Nintendo Switchの携帯機モードは、
びっくりするほど軽かったです。持った瞬間声が出ました。
これでジャイロや加速度センサーも入り、なんかすごい振動機能もあって、
タッチスクリーンなんですから、驚きです。

f:id:schaccie:20170115145609j:plain

グラもかなりいい印象。TVモードと全く遜色ないです。

ちなみにこのゲーム、Joy Conを接続するコントローラーでも出来ました。

f:id:schaccie:20170115150058j:plain

このサイズになると、普通のコントローラーと変わらないため、
操作感等に、まったく支障はありませんでした
DBも格闘ゲームの体ですので、かなり激しめですが、
誤入力や誤作動などは、特にありませんでした。

それより若干気になったのは、携帯モードの持ち具合です。

f:id:schaccie:20170115150306j:plain

本体は軽く、持っていても全く苦にはならないのですが、
画面の両脇にコントローラーが付くと、今度はコントローラーが広すぎて、
個人的には慣れませんでした。
まぁWiiUとかこんな感じなので、私が慣れないだけですけど、
一応ご報告。

総括:結局「買い」なのか

Arms1 2 Switchのような、Joy Conをぶん回す系のゲームは出来ませんでしたが、
Switchに求める機能を、試す事が出来たかと思います。

その上で私が感じたことは、

「家でもできる」携帯ゲーム機

ということです。

任天堂としては据え置き機として売り込みたそうですが、
これは完全に携帯機の枠だと思います。ただし超高品質
そして家に帰れば、大画面にコントローラーでプレイ可能

個人的には、この「家でできる携帯ゲーム機」という枠が、
実はどストライクだったりします。

f:id:schaccie:20170115160256j:plain

社畜と化し、時間的制約が大きい生活を送っていると、
ゲームができるのって、実はスキマ時間くらいなんですよね。
そんなスキマ時間に、わざわざ据置機を立ち上げて、がっつりプレイするのって、
結構気力と体力が入ります。

そのためどちらかと言うと、携帯機が進歩してくれるとありがたい。
スキマ時間はもちろん、寝る前とかにちょっとゲームするのも楽。
加えて「やろうと思えば大画面でできる」と言うのは非常にありがたい。

問題があるとすれば、それこそJoy Con
これでガッツリゲームをするのは、あまり現実的ではないし、
おそらくそれは任天堂側も意図していないと感じます。

シーンとしてはパーティとか、人が集まる所で、

Switchあるで。ちょっとやらへん?

と所有者がちょっとお試しでゲームを勧めて、

ええやんこれ! 買ったろ!

と思わせ、次からは本体を持ち寄って皆でやろう

……こういう魂胆だと思います。

だからJoy Conはあくまでお試し。しっかりやるなら本体を買ったほうがいいです
それか上記の、Joy Conをぶん回す系のゲームに特化させるとか。
絶対出るでしょ。メイドインワリオ

また本体を携帯機として使う場合、バッテリー保ちが悪いですが、
充電ポートがUSB-Cなので、モバイルバッテリー対応ってのも大きいです。
その内サードから、グリップ付きバッテリーとか出そう。

f:id:schaccie:20170115160610j:plain

個人的に言えば、このNintendo Switch
全然「買い」な本体だと思いました。
記事的には悪いことが目立っていますが、コンセプトとしてはいい感じ

ただやっぱりJoy Conの操作性が気になるので、
発売日に購入は、ちょっと控えようと思っています
どうせ即日完売(含・転売ヤーになるでしょうし、
その後普通に買えるようになったら、買おうかなと思います。
その頃にはサード製のいいコントローラーとか、色々出てそうですし。


長々ととりとめもなく書きましたが、
Nintendo Switch、とてもいいハードだと思います

世界一不毛な戦争である「ゲハ戦争」の場では、早速色々言われていますが、
そもそも狙っているゲームの毛色が、任天堂は違います
60fps超えのヌルヌル画面で、モヤがかった環境でエイリアンと銃撃がしたいなら、
どうぞ他のハードでやってください。私はマリオやゼルダが好きなのです

今後もNintendo Switch向けに色々なゲームが発表になりそうなので、
そちらを待ちながら、時が来たら買おうかと思います。
とりあえず「ブレス・オブ・ザ・ワイルド」は、購入決定かな

というわけで、Nintendo Switchの体験会に行ってきた、という報告でした。

ではでは。

しゃっちー

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 7