しゃっちーの社畜日記

社畜だけど自由に生きたいからブログにまとめます。会社の愚痴は書かないよ。

【写真メイン】GWにカブで日光まで行ってきた①【東照宮編】

f:id:schaccie:20170618114921j:plain

お世話様です。

少し前の話になりますが、GWに長めの休みが取れましたので、
愛車のカブに乗って、日光まで行ってきました

日光といえば、東照宮
丁度2017年3月に、国宝・陽明門の修繕工事が終わり
最初の長期休暇という事で、ちょっと羽を伸ばすつもりで、
東京から片道約150km、カブで行ってきました。

わざわざカブで行った理由は、また後で述べるとして、
今回はせっかく写真もたくさん撮ってきましたので、
新しくなった日光東照宮の感想と併せ、紹介していきたいと思います。

 


 ~目次~

生憎の雨。でもその分人が少なかった。

f:id:schaccie:20170618112314j:plain

GWですし、相当の人混みを覚悟して行ったのですが、
到着直後は、生憎の雨。それも結構降っていました。

来てしまったものは仕方ないので、雨宿りしながら見て回りましたが、
その分人も思ったよりは少なく、わりと落ち着いて回ることが出来ました。
ただ写真目的で来ていたので、そこはちょっとつらかったかな。

f:id:schaccie:20170618112528j:plain

御朱印集めで神社仏閣にはよく足を運ぶのですが、
日光東照宮は、拝観料が必要です
神社は無料で見せていただける事が多いので、ちょっと驚きました。
それも拝観料だけで1,300円。ちょっと高くない?払いますけど。
ちなみに500円で音声ガイドもあります

さっそく現れるサル。そして陽明門。

拝観料を払い、表門を入ると、
さっそく現れるのが、有名なあのサル

f:id:schaccie:20170618113218j:plain

あらかわいい。

修繕直後ということもあり、綺麗に塗り直されていました
ただちょっとイメージと違う気もしますが、まぁいいでしょう。

そんなサル達を後目に、もう少し奥に進むと、
思ったよりすぐ、国宝・陽明門が姿を見せます。

f:id:schaccie:20170618114002j:plain

天気が良ければなー!
角度的な問題もあり、あまり綺麗に取れていませんが(泣)
ちょっとまぶしいくらい真っ白

f:id:schaccie:20170618114558j:plain

寄るとこんな感じ。真っ白!
他にも金や赤・緑といったド派手な装飾が修繕されており、
見た目も鮮やかでした。

どちらかと言うと登山に近い

f:id:schaccie:20170618115201j:plain

雨の切れ間を探りつつ、奥に進んでいくと、
これまた有名な「眠り猫」がお出迎え。
この先に眠る徳川家康を、眠っている様に見せかけて守っているんだとか

その徳川家康が眠る墓所・宝塔は、
陽明門や本殿の裏にある山を登った所にあります。

f:id:schaccie:20170618115934j:plain

しっかり石段が整備されておりますが、
感覚的には登山に近いです。歩きやすい靴で来ましょう
雨が降っていた事もあり、周りの緑がとても気持ちよかったです。

f:id:schaccie:20170618120050j:plain

東照宮御遺訓
社畜人生、重荷が重すぎて歩くのもやっとなんですが、
むしろ走れと言われる今日此の頃。色々考えさせられます。

f:id:schaccie:20170618140324j:plain

石階段の最奥に、宝塔はあります。
一列に並んで、周りをぐるっと回れます。
列の向こうに願いが叶う祠もあり、
お祈りしている人も多くいました。

この時期はライトアップで夜もきれい、ただし・・・

f:id:schaccie:20170618140830j:plain

丁度私が行ったGWの時期は、
日光東照宮でライトアップも開催しています

もちろんこれも見に行こうかと思ったのですが、
ライトアップは拝観料が、別料金で1,100円。
しかも入れるのは陽明門の前まで。

……流石に高すぎやしませんかね。

観光地でこれを言ったら負けなのかもですが、
実際観てきた人からも、あまりいい印象は聞きませんでした

夜景用の装備ではなかったという事もあったので、
表門前にある五重塔のライトアップだけ写真に収めて、
中には入らず、帰ってきてしまいました(笑)
正直、これで満足です。

f:id:schaccie:20170618141439j:plain

見所はたくさん。だからこそ残念な所も。

f:id:schaccie:20170618140735j:plain

初日光でしたが、サルや眠り猫、陽明門といった、
ザ・東照宮」といった観光スポットはもちろん、
宝塔までの道や鳴竜(写真不可)等も、心落ち着くいい場所でした。
社畜ライフを一旦忘れ、リフレッシュするにはいい環境ですね。

だからこそ、だからこそ!
ライトアップはもっと全体的にやってほしかったし、
ならもうちょっと高くても行ったのになと、ちょっと思います。

東京からも手軽に行けて、
大自然を感じながら、ゆったり出来る日光。
今度はちゃんと晴れた日に行きたいですね

なぜわざわざカブで行ったのか

f:id:schaccie:20170618143427j:plain

さて、この記事の冒頭にて、
カブで行った理由について「後述」としました。

正直東京からなら電車で手軽に行けますし、
時間と体力を使って、カブで行く理由があるのかというと、

あるんですね! 日光には!

この東照宮よりさらに西、奥日光へと続く道がありますが、
そこには「いろは坂」という、有名な峠があります。

そしてその峠を越えた先にも、
戦場ヶ原、男体山中禅寺湖華厳の滝、龍頭の滝、等々、
写真を撮るのに、丁度いい観光地が。

この峠をカブで走りたい。
そのついでに、久しぶりにカブ動画が撮りたい!

むしろこっちがメインで、日光には行った次第。
そしてこの動画編集に時間がかかり、ブログ公開が遅れました(笑)

という訳で、この記事、続きます。
次はカブ動画と共に、上に書いた奥日光の観光地を紹介したいと思います。

☆追記 続きまとめました!

ではでは。

しゃっちー