しゃっちーの社畜日記

社畜だけど自由に生きたいからブログにまとめます。会社の愚痴はボヤいて忘れる。

【写真多め】筑波山に行って山にハマりかけている話【御朱印】

f:id:schaccie:20181106232529j:plain

 
お世話になっております。
 
そういえば全然更新できていなかったネタの1つに、
御朱印というタグが、このブログにはあったりします。

実はカブ旅などで他所へ出かけた際には、
ほぼ必ず神社・仏閣へ寄っております
御朱印集めそのものは、着々と進んでいるのですが、
こうやって記事としてまとめる程の出来事がなかったため
あまり更新できていなかった、という事情があったりします。
 
ただ今回、茨城県筑波山へカブで行ってみたところ、
御朱印集めの他に、もう一つ別の目的が出来てしまいましたので、
それも合わせて、筑波山神社御朱印をもらいに行った時のことを、
写真も含めながら紹介したいと思います。
 
 〜目次〜

山の中にある神社「筑波山神社

f:id:schaccie:20181106232605j:plain

筑波山神社へはカブで東京から大体3時間
その名の通り、筑波山の麓に位置しています。
筑波山への登山口にもなっているため、そこそこ賑わっていました。

 

f:id:schaccie:20181106232628j:plain

早速ここで筑波山神社」の御朱印がいただけます。

山頂へはロープウェイで

f:id:schaccie:20181106232713j:plain

筑波山神社御朱印を頂いたら、早速登山口の方へ向かいます。
と行っても流石に山登りはせず、今回はロープウェイで山頂まで行きました。
もちろん歩いて山頂までも行けますが、今回の目的は筑波山山頂に鎮座している、
男体山神社」「女体山神社」へお参りすることですので、
楽できる所は、楽していこうという計画です。
 
生憎私が筑波山へ向かった時間はあまり天気が良くなかったのですが、
ロープウェイを降りると、そこは一面霧の世界でした。
本当ならここから関東平野が一望できるそうなのですが、
これはこれでありかなと思いつつ、360度写真を撮ってみたり。
 

f:id:schaccie:20181106232751j:plain

ここで一つ、私が勘違いしていた事がありまして、
てっきり山頂に男体山・女体山神社がそれぞれあるものだと思っていましたが、
ここはあくまでロープウェイの終着駅。
ここから更に歩いて、それぞれの山の山頂を目指します。

男体山神社は崖の上

f:id:schaccie:20181106233033j:plain

まずは男体山の方から進んだのですが、
上の写真にある通り、道かどうかすら怪しい道が続きます。
登山を全く計画していなかったので、普通のスニーカーで来たのですが、
正直ギリギリというか、失敗でした
 

f:id:schaccie:20181106233108j:plain

ちょこちょこ写真を撮りながらだったのですが、
首から吊るすと単純に邪魔なので、そんな余裕もなく。
霧が相変わらず濃かったのと、足元もツルツルしていたので、
ちゃんと考えた格好で来るべきでした。
 

登った先にあるものは!

f:id:schaccie:20181106233132j:plain

ヒーヒー言いながら登り進めると、男体山頂」の看板が。
道程は厳しいですが、そこまで距離がなくてよかったです。
 

f:id:schaccie:20181106233152j:plain

山頂の一角に、突然「男体山神社」のお社はあります。
非常に狭い一角にあるので、写真に収めるのもやっとでした。
ただこの写真にもありますが、ちょっと天気が回復していますよね
 

f:id:schaccie:20181106233244j:plain

お社が見つめる先には、関東平野が広がっているのですが、
ちょうど天気の変わり目で、青空と曇り空が面白い画を作っていました。
まさに山頂だからこその風景。ヒーヒー言いながら登った甲斐がありました。
 

f:id:schaccie:20181106233306j:plain

そして御朱印。ちゃんと人がいて、直接書いてれます。
実は麓の筑波山神社でもいただけるのですが、
ここまで登ると「登拝」の印を押してもらえます。

女体山神社はマイルド

f:id:schaccie:20181106233343j:plain

男体山神社を後にし、同じ崖を下り、今度は女体山神社を目指します
上の写真は男体山から女体山を撮ったものなのですが、
真ん中に小さくお社が写っています。あそこまで歩きます。
 

f:id:schaccie:20181106233412j:plain

とはいえ女体山の方はきっちり道が整備されており
男体山程の難易度は感じられません。
所々に由緒ある岩があり、説明の看板を読みながらの登山でした。
 

時間を忘れる絶景

f:id:schaccie:20181106233433j:plain

平坦ではありますが、そこそこ距離がある道を進むと、
男体山同様、小さなお社が現れます
近くにケーブルカーの降り場があるため、こちらはとても混雑していました。
 
そんな人達が、一斉に集まっている一角があり、
吸い寄せられるように行ってみると、
 
これですよ! 関東平野のパノラマビュー。
晴れていればそれはそれは良い景色だったかと思いますが、
曇っているのも趣があっていい感じ
 

f:id:schaccie:20181106233509j:plain

柵も何もない場所でしたが、魚眼からThetaからいろいろ使って、
なんだかんだで30分程、足ガクガクさせながら写真撮ってました。
それぐらい、達成感と感動がある場所でした
登山の楽しさが判った瞬間でした。ほぼカブとロープウェイですけど。
 

f:id:schaccie:20181106233538j:plain

そんなこんなで忘れかけていたのですが、
きっちり女体山神社でも、御朱印をいただきました。
もちろんこちらにも「登拝」の印があります。

カブ旅の目的が変わりそう

f:id:schaccie:20181106233625j:plain

目的を達成し、ロープウェイ駅のそばで「つくばうどん」を頂きました。
」くね、「」ろ野菜、「」ラ肉、の略だそうです。
具だくさんで美味しいうどんでした。満足
 

f:id:schaccie:20181106233651j:plain

食堂の屋上に登ることができ、山頂からの風景とは逆側を臨む事ができます。
もうちょっと晴れたらもっと北の方まで見えたかと思いますが、
雲よりも高い位置からの写真って、なんか面白いですね。

これまで「カブ旅」でいろいろ巡ってはいますが、
その目的は主に「写真」と「御朱印」でした。
もちろんこの2つはブレないんですが、今回筑波山に行ってもう一つ、
登山」が入ってきそうな気がします。
 
もちろん「写真」が主なので、そんなガチガチな登山はできないですが、
今回や以前行った「芦ノ湖」みたく、ロープウェイでいいところまで上って、
山頂周辺から写真を撮るのに、ちょっとハマりそうです。

 

f:id:schaccie:20181106233725j:plain

そんな中で1つ、岩場や崖を登る中で、
スニーカーだと厳しいという問題がありました。
Reebokのウォーキングシューズなので、歩きやすさは抜群なのですが、
クッション性が強いので、岩場とかには向かない感じ。
 

f:id:schaccie:20181106233836j:plain

という訳で、買っちゃいました。mont-bellの軽いトレッキングシューズ
カブ用にもいいかなと思い。ちょうどブーツが欲しかったというのもあります。
 
せっかく買ったのだから、これからも山とか湖とか、
カブで行ける範囲で、いろいろ巡ってみたいな思います
 
ではでは。
 
しゃっちー