しゃっちーの社畜日記

社畜だけど自由に生きたいからブログにまとめます。会社の愚痴は書かないよ。

運動用に完全無線イヤホン ERATO Rio3を買ってみた

f:id:schaccie:20171015171328j:plain

毎々お世話になっております。

健康診断にて「痩せろ」と宣告されて以来、
Fitbit Flex2を買い、ジムに通い始めたという記事を前回まとめました。

Flex2の気に入った点は、プールで使える防水性能
運動すると汗をかくので、身につける物は防水にしておきたい所

そこで今回、同じく防水性能がしっかりしており
しかも最近話題の「完全無線イヤホン」という物に興味があったため、
ERATOのRio3という、スポーツ仕様のBluetoothイヤホンを買ってみました。

雑誌等でも評価の高いイヤホンですが、
実際使ってみてよかった点、気になる点をまとめたいと思います。

 ~目次~

ちょっとゴツい? けど安定感は抜群

f:id:schaccie:20171015172405j:plain

ご覧の通り、コードは全く付いていません
普段からコード付きのBluetoothイヤホンを使っていますが、
あれよりさらに自由度が高いです。やっぱりコードは煩わしいですね。

その代わり両方別々に電源を付ける必要があるのと、
バッテリーが入る分、本体は若干大きめです。
もちろん音量操作や曲送り等も、本体のボタンから行えます。

f:id:schaccie:20171015171347j:plain

さらにこのRio3は、スポーツ仕様を謳っており、
取り外しのできないイヤーフックが、最初から付いています。
かなり大きめに出来ている為、メガネと干渉もしませんし、
若干重たいものの、走っても外れる事はありませんでした

ペアリングが近未来的(笑)

f:id:schaccie:20171015174614p:plain

左耳の電源スイッチを5秒押し続けるとペアリングモードに入り、
スマホ等とのペアリングも、すぐに完了します。

電源を入れた時と接続が完了した時に、
若干中国訛りの英語で「headset connected」と両耳から流れるのが、
なんかサイバー感があって毎回わくわくします(笑)

ペアリングといえば、音ズレが気になる所ですが、
正直動画やゲームを楽しむのは不可です。それくらいズレます。
ただ左右のズレは全く無いので、音楽を聴く分には問題ありません。

付属品が面白い

f:id:schaccie:20171015172609j:plain

ケースと充電ケーブル(micro USB)が付いてくるのですが、
ご覧の通り、ケーブルが二股に分かれています
両方を同時に充電できるよう、考えられているのですね。
一応2本別のUSBケーブルでも充電できます。

f:id:schaccie:20171015173348j:plain

本体がでかい分、ケースも結構な大きさがあります。
このケース、充電機能は付いていないので注意が必要です。

その代わり本体バッテリーが公証6時間保つので、
他の完全無線イヤホンと違い、途中で充電する必要がありません

どちらかと言うと、私はこっちのほうが好きです。
他のイヤホンは、ケースで充電できる為、
イヤホンのバッテリーは2-3時間しか保たないんですよね

LEDの主張が激しい

f:id:schaccie:20171015173840j:plain

ザラザラ写真で申し訳ないですが、
欠点を挙げるとすれば、LEDがとにかく主張します
両耳の前面で、ちょっと派手な感じに光ります。

f:id:schaccie:20171015175143j:plain

正直このままだと使いづらいなと感じる程でしたので、
苦肉の策として、同系色のテープを貼っています(笑)
シルバーを買ったので、ダクトテープが色的にちょうど良かったのですが、
レッドやグリーンなど、ビビットなカラバリもあるので、注意が要るかと。

使うシーンは限られるが、運動用としては最適

本体の大きさや、主張の激しいLED等、
正直普段使いは、デザイン的に厳しいと感じます。
(その点が気にならないのであれば、普通に使えるイヤホンです)

一方ジムで運動しながら使う分には、
デザイン的にもむしろピッタリだと感じます。
装着感もしっかりしているので、運動用イヤホンとして最適です。

欲を言えばもうちょっと小さくても良いかなと思いますが、
バッテリー保ちと引換と考えれば、仕方がないのかな。

値段もお手頃価格ですので、
完全無線イヤホンデビューとしても、丁度いいイヤホンだと思いました。

ではでは。

しゃっちー